よもやまばなし。ネトゲスキーのPLAY日記とか脳内妄想垂れ流しとか日常話とか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この前フレからなんと天上のハープを格安で譲っていただきまして
その後できた意味不明の駄文で御座います。
ネタとしかいえないけd(ry


おさぶいギャグでもよんでやるZEという勇者は続きをどぞー









このハープを手にしたものはあらゆる敵を夢の世界にいざなうだろう…。


伝説とも言われたハープを、彼女は手にした。
手に入れたのだ。
それはそれは何年も何年も
言葉では言い尽くせないくらいのたびと苦労を重ね
手にした伝説の武器。
コレがあれば・・・!

そして彼女は大きな敵に立ち向かう。

「負けない!あの時は私は…力の無さに仲間を傷つけてしまったけれど。
こんどは負けない!」
力を身につけたそして、この武器さえあれば!

瞳を閉じて…

しなやかな指が玄を奏でる。

音がつむぎだされる。

それはまさしくこの世界で聞いたことも無い…
そしてかもし出される香り。

地響きが聞こえた。

敵が倒れたのか!?
彼女が目を開ける。

否しかしそこにやつはいた。

そしてふたたび。

それは、やつの腹の虫。

ハープが歌う「テン○ンドン○テ○ドン○ン♪」と
ハープから繰り出されるのはおいしそうな天丼の香りと
すばらしく巨大なエビ天ののった天丼…
それがやつの鼻をくすぐり……。
幻影が敵を苦しめる。
ごま油の香りが、敵の腹をさらに…。

腹をすかしすぎた敵は涙を流して倒れ…そしてきえた。

「な、なんじゃこりゃあああああああ!」

森の奥で一人のバードの声が響いた。

この世界には伝説のハープがある。
そのハープを手にしたものは敵を夢の世界にいざない…。

そのハープの名は「天丼のハープ」という。


このハープで巨大な敵をほふった?バードは
その後天丼の使い手として名をはせたとかはせないとか。

そしてひっそりと、伝説のハープはどこかに封印されたという。
都合のいい伝説のみ今は語り継がれる。


追記を閉じる▲
このハープを手にしたものはあらゆる敵を夢の世界にいざなうだろう…。


伝説とも言われたハープを、彼女は手にした。
手に入れたのだ。
それはそれは何年も何年も
言葉では言い尽くせないくらいのたびと苦労を重ね
手にした伝説の武器。
コレがあれば・・・!

そして彼女は大きな敵に立ち向かう。

「負けない!あの時は私は…力の無さに仲間を傷つけてしまったけれど。
こんどは負けない!」
力を身につけたそして、この武器さえあれば!

瞳を閉じて…

しなやかな指が玄を奏でる。

音がつむぎだされる。

それはまさしくこの世界で聞いたことも無い…
そしてかもし出される香り。

地響きが聞こえた。

敵が倒れたのか!?
彼女が目を開ける。

否しかしそこにやつはいた。

そしてふたたび。

それは、やつの腹の虫。

ハープが歌う「テン○ンドン○テ○ドン○ン♪」と
ハープから繰り出されるのはおいしそうな天丼の香りと
すばらしく巨大なエビ天ののった天丼…
それがやつの鼻をくすぐり……。
幻影が敵を苦しめる。
ごま油の香りが、敵の腹をさらに…。

腹をすかしすぎた敵は涙を流して倒れ…そしてきえた。

「な、なんじゃこりゃあああああああ!」

森の奥で一人のバードの声が響いた。

この世界には伝説のハープがある。
そのハープを手にしたものは敵を夢の世界にいざない…。

そのハープの名は「天丼のハープ」という。


このハープで巨大な敵をほふった?バードは
その後天丼の使い手として名をはせたとかはせないとか。

そしてひっそりと、伝説のハープはどこかに封印されたという。
都合のいい伝説のみ今は語り継がれる。

【2007/08/08 22:45】 | ECO
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。