よもやまばなし。ネトゲスキーのPLAY日記とか脳内妄想垂れ流しとか日常話とか
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

では私もひとつー(は?)

他の二人はいろいろ現在のことを語ってるけど私は昔のことをちょっと話そうか?
(管理人の勝手な設定です)
私はふつーの家庭で育ったんだよ。
で、村にたまに来る吟遊詩人にあこがれてね。
せがんではいろいろ教えてもらってたってわけ。自分も将来はバードになろうってね。

それで18のときうちを出てある人についていったんだけどね…
歌の修行ってわけさ。
師匠にくっついてあちこちあるって暫くしてからあるうわさを聞いたのさ。
村がモンスターにやられたって。
急いでもどってみれば村は寂れて無人になっていた。
両親は都市の離れた妹をかばって先に死んで…
妹は…そんときまだ10かな?
それから行方知れずさ。だから・・・冒険者をしながら妹を探してるんだ本とは。
設定には書かなかったけどね。
キャメロットにきて家を借りたのはそのうちそこで一緒に住むつもりだから。

なんか暗くなっちゃったね?

でもね希望は捨ててないんだよ?だからこうして毎日明るく生きてるってわけで。

おやリーラル?何ないてんの?
さーさーないてないで。歌を教えてほしいんだろ?
いいよとっておきの一曲あんたに教えてやるよ…
がんばって依頼こなさなきゃね~。
がんばっていつか妹と幸せになるのさ私は!

【2005/02/23 04:02】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。